×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャッシング・ローンの法律研究室



アイドマの法則とは

・アイドマの法則について


アイドマの法則とは、attention(注目)、interest(興味)、desire(欲望)、memory(記憶)、action(行動)の頭文字をつないだもので、広告技術についての造語です。

人が物を購入する際には、注目し興味を持ち、そして欲望を感じ記憶して行動するというものです。

日本ではアイドマが使用されていますが、欧米では「アイダ」を引用することが多いようです。

関連トピック
・アドオン表示について

アドオン表示とは、当初の元本を最後まで借り続けていたものという仮定にもとづいて計算された 金利 のことです。

具体的には、次のように計算されます。
元金×アドオン手数料率×期間=手数料総額

しかしながら、この計算方法だと実際に負担する金利に対してかなり低く計算されることになります。
だいたい実質年率のほぼ半分です。

なので、アドオン方式は計算が簡単であるというメリットはあるのですが、消費者が他の取引よりも有利と誤解しやすいので、現在では実質年率での表示が要求されています。

センシティブ情報(犯罪歴や逮捕歴)
個人情報の利用目的の通知・公表
個人情報保護法の対象になる事業者
個人データの第三者提供
IDカード
与信取引と利用目的の同意
個人情報保護法の利用目的の特定
個人情報の漏洩と安全管理
アイドマの法則
IT基本法(高度情報通信ネットワーク社会形成基本法)

Copyright (C) 2011 キャッシング・ローンの法律研究室 All Rights Reserved